他人と比べてしまい孤独感が強くなり毎日が憂鬱なので、考え方を変えたい

2022.10.07 Fri

「他人と比べてしまい孤独感が強くなり毎日が憂鬱なので、考え方を変えたい」の相談内容詳細

相談者
相談者 ゆづ
いまストレスを感じている「出来事」を事実ベースで抜き出してみてね。
「いつ・どこで・誰が・何を」を意識するのがコツだよ。
大学の中にいつも一緒にいたり一緒に授業を受ける友達がおらず、ほとんどの時間を一人で過ごしている。
楽しそうに群れている他の人たちを見たり、その他にもテレビの芸能人や仲良しなYouTuberなど、充実している人たちを見ると自分と比べてしまい、自分を責めてしまう。
完璧主義のため、少し話せる人がクラスにはいるけれどいつも一緒にいるような友達がいないため、0か100の考えで「私に友達はいない、クラスで浮いている、私はダメな人間だ」とまで考えてしまう。
自分が人と積極的に関わることが苦手なため、数人以外のクラスの人たちと打ち解けることができない。
ほぼ誰とも喋ることなく帰る日もある。
「1」についての「感情」を%で表現してみてね。合計で100%にならなくても大丈夫。直感で書いてみよう。
悲しみ60%、不安40%
「1」について浮かんでいる「考え」を教えてね。
人と関わること自体は嫌いではないし、話すことも好きだけど、友達といると自分に自信がないせいでいつも必ず自分を下に下げてしまう(自分がこういう返答をしないと嫌われてしまう、どう思われてるかすごく気にしてしまう、言いたいことがあっても迷惑ではないかと我慢してしまう、友達優先が当たり前の考えになっている)。
けれど、だからといってたくさんの友達の輪の中にいる自分を考えたら、今の一人の自分の方が誰にも気を遣わなくていいから楽だ、と思っている。
完璧主義のため理想が高く、大学では友達が数人いて、クラスでは挨拶して雑談できるような友達がいなければいけない、など、「〜すべき」思考にどうしてもなってしまい、私の中で友達と呼べるような人がいない私は孤独だ、社会に出てやっていけるのか、などを考えてしまい、毎日不安。
いろんな視点から捉えるために、上記の回答の「別の可能性」を考えてみよう。
自分の思い込みが激しいせいで、関わっている人達によく思われていないと勘違いしているだけかもしれない。
クラスの人は大して私のことに興味はないし、普通のクラスメイト、学部の仲間として見ているだけかもしれない。
相手ではなく自分の話していることに意識が向いてしまっているから、嫌われないように、という思いで話してしまうのかもしれない。
いま専門家に聞いてみたいことは?
とにかく自己肯定感が低すぎたり、完璧主義すぎるのが原因だとは思うのですが、そのせいで外では完全に自分の素を出すことができず、周りの目を気にしてしまいます。
ちょっとしたマスクのズレや服のしわ、髪の乱れや普段つけていかないアクセをつけたりした時はいつも以上に気にしてしまい、自分より派手な格好をしている人や外で普通に大声で話している人など、自分のやりたいように周りを気にせず過ごしている人たちがすごく羨ましいです。
自分の素を周りの目を気にせず出せるようにするにはどんな考え方をすれば出せるようになりますか?
完璧主義の考えの変え方、自信の付け方についても、大雑把でいいので教えて頂けると嬉しいです。
年齢、性別、職業
20歳 女性 大学生
既往歴
--- 未回答 ---
悩みの内容の自由記述
--- 未回答 ---
相談者 ゆづ さんの自分史

自分史はまだありません。

※ プライバシー保護のため、ご質問の一部を編集部で変更している場合がございます。

「他人と比べてしまい孤独感が強くなり毎日が憂鬱なので、考え方を変えたい」への回答

  • 回答したカウンセラー

    梅本 武史

    臨床心理士・公認心理師 梅本 武史

    ゆづさん、ご相談を寄せてくださり、ありがとうございます。
    臨床心理士の梅本です。

    ゆづさんの今の状態は、誰かといたり、何かをしているときの「現実の私」と、「でも本当はこうでありたい」という「理想の私」とのギャップに苦しんでおられるのだと想像しました。

    理想の自分に近づこうとの一環で、こうやってご相談してくださったのでしょうか。だとしたら、ゆづさんはとても成長したいとのお気持ちが強い方なのですね。

    記載を拝見すると、ゆづさんは「大学では友達が数人いて、クラスでは挨拶して雑談できるような友達がいる自分」が「理想の私」なのでしょうね。ただ一方、「今の一人の自分の方が誰にも気を遣わなくていいから楽」と、現状の自分も理想の一つかも?とのお気持ちもあり、少し混乱している状態でしょうか?

    実は「理想」って、ゆづさんが感じておられるように「これだ!」って決めるのがなかなか難しいんです。というのも、家族、友達、世間…意外といろんなものに影響を受けて、自分の「理想」ができあがっていくことも多いからなんです。

    世間では、「社交的でなければならない…」「友達が多くないといけない…」などの「理想」があります。場合によっては、その「理想」を果たせないと、周囲や所属している集団から、ちょっとおかしな人と見られているように感じてしまうこともあります。そうすると、せっかく「理想」を持っているにも関わらず、息苦しく感じてしまうこともあるかもしれません。こういった理想を「息苦しい理想」と呼びましょう。

    どうして私たちは「息苦しい理想」にもかかわらずそれに縛られてしまうことがあるのでしょうか?それは息苦しくともメリットもあるからです。

    「理想」は、私たちにとって安心感を作り出しています。社会心理学の研究では、日本という国は「みんなと同じ」であることで、周囲に認めてもらいやすい文化だと言われています。また和を重んじる文化でもあるので、自分の存在価値を確認する作業として、周囲に認めてもらうことへの比重が大きいとも言われているんですね。なので、周囲に支持されそうな「理想」を持つことで、安心感を持てるという大きなメリットがあります。

    ところが、「息苦しい理想」のメリットよりもデメリットの方が上回ることがあります。理想を「義務」のように感じてしまったときです。

    もし今持っている「理想」が「息苦しい理想」だと思ったら、「理想」ではなくご自身の「価値」について考えてみて欲しいんです。

    「価値」とは、「どんな人間になりたいか」「何を大切にしたいか?」といった意味だと考えてください。自分なりの人間関係、学校生活、どんなプライベートを送りたいかなど、ゆづさん自身が心からなりたいと思う姿です。

    「息苦しい理想」は、「どうしても実現しなきゃ」「こうあるべき」といったように、自分の行動を縛ってしまうことがあります。無意識的に誰かと比較したり、世間的に「よい」とされるような基準で選んでいることが多いです。これだと、いつかどうしても行き詰まってしまうんですね。

    一方で、「価値」を追い求めるときは、前向きな気持ちで行動することができます。自分が意味を見出した上で行動するからです。自分にとって本当に大切だと思えて、自由に選択できるものが「価値」です。誰かと比較するものではありませんし、「よい」「悪い」という基準もありません。

    友人関係についても、「どんな友達を作りたいか」「その友達にとってどんな人でありたいか」を考えてみることがゆづさんの「価値」になります。「価値」が定まってくると、どういう人と関わりたいか?どういう関係性を築きたいか?などの、自分の友達付き合いの方針がはっきりします。場合によっては、たくさんの人と仲良くしなくても、何人か本音で話せる友達がいたらいいなと思う場合もありますし、大学以外で友達ができればいいなと思うこともあるかもしれません。これも人によって違いますし、正解はありません。それだけ人の持つ「価値」は多様なのです。

    素を出せないというお悩みも、「価値」に関係しているかと思います。「素」を出すといった、「ありのまま正直に、自分の個人的なことを話す」ことを心理学では「自己開示」といいます。一般的には、自己開示を行うことで互いに親近感を感じ、相手との距離が縮まりやすくなります。ただし、自分が納得した上で行う必要があります。

    適切な自己開示とは、自分が話す相手、話す内容、話すタイミングなどを整理をして伝えることと、相手が自己開示を受け止めて聞く、という2つの要因で成り立ちます。どちらも揃わないと、自己開示のあとに「こんなこと言ってよかったかな」「相手に受け入れてもらえたかな」と不安や拒絶された感覚を抱きやすくなります。そうなると自分は相手のことを疑ってしまい、「もう自己開示するのやめようかな」と自己開示を控えるようになる傾向があるんですね。かえって、自分の中で相手への距離ができる原因になり、逆効果になってしまいます。

    自己開示における「相手が受け入れてくれるかどうか」といった相手の問題は、こちらではどうしようもありません。しかし、自分の自己開示のやり方については対策することができます。

    自己開示をする前に、「どういう人に自分のことを知ってほしいか」「あるいは自分が共有したい話題を誰が聞いてくれそうか」と整理してみてください。これも友人関係における「価値」を考えることに繋がっていきます。

    ここまで話してきましたが、ゆづさんとしては、「いやいや急に聞かれても、そんなの分からないし、選べないよ」と思われたかもしれません。「価値」を考えようとしても、どうしても周りの影響を受けたり、相手が望んでいそうなことが頭に浮かんでしまうこともあるかもしれませんね。

    その場合は、自分自身の感じ方を大事にする練習をするとよいでしょう。

    具体的には、1日の中で「心地よい感情になったこと」「不快な感情になったこと」など自分の感じ方を、紙に書き出すなどして整理します。それができるようになったら、ご自身の好きなものや好きな人について整理してみましょう。反対に嫌いなものや、ちょっと嫌だなと思う人についても整理してみるのも良いと思います。

    私たちは人付き合いでも、「この人なんとなく好きだな」「この人なんとなく嫌だな」と感じる時がありますよね?上手く説明できないけど「なんとなく気が合う」なんてことも感じたことがあるかもしれません。

    「価値」を作るには、自分の感覚もとても大事です。息苦しくなる「理想」を持っている時って、実は頭で「こうしなきゃ」と考えすぎていることが多いからです。なので、自分自身の感じ方を大事にすることを心がけてください。

    また、時間をかけることで「価値」が見えてくることもあります。とりあえずこれかなと選んだものでもやっぱり違うと思ったら、後で変えてもかまいません。少しずつ、ゆっくりとでいいので、ゆづさんなりの「価値」を見出していってください。自分に合った「価値」を選ぶことが、日々の生活を充実させるヒントになるかもしれませんよ。

    今回の回答を通して、ゆづさんの生き方の選択肢が少しでも広がるようでしたら、非常に光栄です。

これを読んだきみにはこれも読んでほしいな

おすすめコンテンツ
みんなの心が楽になる情報と出会えますように。