本音を言うと涙が出てくる理由と対処法

2021.04.29 Thu
シンくん

この記事を書いた人

ココロジー案内人

シンくん

本音を言うと涙が出てくる理由と対処法

自分の意見を言おうとしただけで
涙があふれて、白い目で見られて辛い…

そんな経験がある人もいるよね。

なんで悲しくないときも涙が出るんだろう?

今回はその原因と対策を紹介するよ!

涙にはすごい役割があるんだ

悲しくないのに涙が出る原因

人の涙腺を刺激するのは、神経の興奮を抑える副交感神経だよ。実は、喜びや感動も一種のストレス反応なんだ。
このストレスへの抑制作用として、人間は涙を流すようになったという説があるよ。

つまり、自己開示へのストレスが異様に大きいことが、本音を話すときに涙が出る原因のひとつなんだね。
この自己開示がうまくできないと、孤独感が深まって、さらに開示できないループにハマってしまうよ。
じゃあ、どうすればいいんだろう?

涙が出るときの根本的な対策

本音慣れする

子供のころ、本音を言うたびに怒られたり、自分にとって大切な感情を告白しても無視・怒られたりした経験があると、自己開示しづらくなることがあるよ。

まずは本音を出す場所を増やしてみよう。

SNSやブログに自分の気持ちを書いたり、信頼できる友人に自己開示してみて。「この前映画見たら感動して泣いちゃって…」など、「心が大きく動いたこと」から始めてみると、負荷が少なくてオススメだよ。

言語化する

本当は感受性が豊かなのに、感情を意識化する習慣がないと、感情が無意識にたまっていくんだ。
でも、抑圧した感情は決して無くなることはないよ。
抑圧するほど大きくなって、いざ本音を言おうとすると「出番だ!」とばかりに飛び出してくるんだ。
自分の本音がよくわからない、考えたことがないという人には、感情モニタリングがおすすめだよ。
自分の今の感情を客観的に書き出す訓練を日常的にやってみよう。

すぐにできる!涙をこらえる方法

舌や身体に刺激を与える

①軽く舌を噛む

②腕を少しつねる

③手をグーパーする

など、身体に軽く刺激を与えてみてね。でも、これはあくまで応急処置だよ。涙もろい人がやるときは、クセにならないように使いすぎないよう注意しよう。

深呼吸をする

泣き出しそうなとき、人は呼吸がいつもより浅くなるよ。涙がで背負うになったら、まず息を長く吐いてみてね。呼吸そのものに意識を向けるのもオススメだよ。

瞬きをする

涙は目尻の上にある涙腺から出てきて、目頭の下側にある涙点というところから鼻腔へと排出されていくよ。瞬きをすると涙の排出が促されて、目からあふれ出すのを抑えられるといわれているんだ。

泣くのは悪いことじゃない

公共の場で泣くのは困る場面もあるけど、泣くこと自体は何も悪いことじゃないよ。泣いているときに何がつらいのか、何を求めているのか言語化してみると、より感情がコントロールしやすくなるんだ。

しかも涙を流すと、癒やしホルモン「セロトニン」が分泌されて、「一晩の睡眠」に近い癒やし効果があるよ。涙をうまく利用して、自分の感情を掘り下げてみてね。

むかし涙活って流行ったよね

これを読んだきみにはこれも読んでほしいな

おすすめコンテンツ
みんなの心が楽になる情報と出会えますように。