無意識に相手の思惑にあった答えをしてしまう

2022.11.15 Tue

「無意識に相手の思惑にあった答えをしてしまう」の相談内容詳細

相談者
相談者 ねぼすけ
いまストレスを感じている「出来事」を事実ベースで抜き出してみてね。
「いつ・どこで・誰が・何を」を意識するのがコツだよ。
私は無意識に相手の思惑にあった答えをしてしまう癖があります。
友人からの「今お腹すいている?」という質問も、相手がお腹すいてそうであれば、自分がお腹が減っていなくても「お腹減った!」と言ってしまいます。
興味のないイベントの誘いで休日が埋まってしまい、のちのち自分がとても無理していることに気づき辛くなります。
「1」についての「感情」を%で表現してみてね。合計で100%にならなくても大丈夫。直感で書いてみよう。
悲しみ70、怒り70、戸惑い70
「1」について浮かんでいる「考え」を教えてね。
この人間関係がずっと続くのは嫌だ
自分の意思表示がしっかりできないなんて人間として幼い気がする
相手の思い通りになろうとしている自分が気持ち悪く感じる
いろんな視点から捉えるために、上記の回答の「別の可能性」を考えてみよう。
難しいです。
自分は相手の気持ちを思いやることができる人間なのかもしれない。
と思いましたがこういう考え方は苦手です。
いま専門家に聞いてみたいことは?
無意識に相手の思惑にあった答えをしてしまう癖をなくす方法を知りたいです
年齢、性別、職業
30代
既往歴
--- 未回答 ---
悩みの内容の自由記述
--- 未回答 ---
相談者 ねぼすけ さんの自分史

自分史はまだありません。

※ プライバシー保護のため、ご質問の一部を編集部で変更している場合がございます。

「無意識に相手の思惑にあった答えをしてしまう」への回答

  • 回答したカウンセラー

    小野寺 リヒト

    臨床心理士/公認心理師 小野寺 リヒト

    ねぼすけ さん
    ご相談をよせてくださりありがとうございます。臨床心理士・公認心理師の小野寺です。

    「無意識に相手の思惑にあった答えをしてしまう癖をなくす方法を知りたい」とのことですね。のちのち自分が相当無理をしていたことに気づくとのことですから、心身ともに疲れるので相手に合わせるのを止めたいと思うのも当然ですよね。

    ただ、ちょっとビックリするようなことを始めに言うことになってしまうかもしれませんが、実は ねぼすけ さんは相手の思惑にあった答えができているわけではありません。だから、相手の思惑にあった答えをしてしまう癖をなくす方法を知る必要は一切ないのです。

    ねぼすけ さんが知るべき方法は、「相手の思惑を確認すること」ではないでしょうか。

    いきなりこんなことを言われたらビックリしますよね。順を追ってご説明しますのでお付き合いください。

    「 ねぼすけ さんは相手の思惑にあった答えができていません」と述べましたが、正確に言えば、「誰も他人の思惑にあった答えなんてできない」となるでしょう。 ねぼすけ さんだけではなく、誰にもできないことなのです。当然、10年以上心理学を学び、カウンセリングをしている私にも不可能です。それは単純な話、相手の心を読む能力は人間には備わっていないからです。

    ではどうして「誰も他人の思惑にあった答えなんてできない」のに、 ねぼすけ さんを含め私たちは「相手の思惑にあった答えができている」と誤解してしまうのでしょうか? それは私たちがお互いに妥協点を探り合う中で「それっぽい答え」に着地するからです。それも知らず知らずのうちに。

    例えば、 ねぼすけ さんはご友人からの「今お腹すいている?」と質問された際、「お腹減った!」と答えたとのことです。ご友人は ねぼすけ さんが予想した通り、単純に ねぼすけ さんのお腹の減り具合を確かめたかったのかもしれません。しかし、本当は「何を食べたい?」と聞きたかったのかもしれないし、「僕(私)はすいてないんだけど」と意思表示をしたかったのかもしれません。

    でも ねぼすけ さんが「お腹減った!」と答えたことで、ご友人は「何を食べたいか聞きたかったんだけど、まあいいか」と思って自分の意見を妥協したのかもしれませんし、「ああ、 ねぼすけ さんはお腹すいたのか。自分はあんまりすいてないけど、まったく食べれないわけでもないから付き合うか」と、自分の意見を妥協したのかもしれません。

    こんな風にして人はコミュニケーションを通じて、当初の思惑をマイナーチェンジしつつ、互いの妥協点を自然と探っているのです。

    ご友人の「今お腹すいている?」発言が、単純に ねぼすけ さんのお腹の好き具合を確認したかったケースにせよ、何を食べたいのか聞きたかったケースにせよ、「自分はお腹がすいてない」の意思表示であったケースにせよ、いずれも最終的には何かしら食事を摂りに行く流れになったことでしょう。つまり「それっぽい答え」に着地したのです。

    この結果、人は「相手の思惑にあった答えができた」と誤解するわけですね。

    でも繰り返すように、この「それっぽい答え」は一方がもう一方の思惑に答えたから導き出された答えではなく、お互いが妥協し合っていきついた答えです。心を読む能力が人間には備わっていない以上、こうやってすり合わせていくしかないのです。


    今後 ねぼすけ さんが無理していることに気づいて辛くならないようにしていくためには、相手の思惑を確認することが重要になってきます。

    ご友人が「今お腹すいている?」と質問してきたら、「お腹すいたんだな」と思惑を決めつけるのではなくて、「うーん、自分はすいてないんだけど、あなたはすいた?」と確認するのです。

    この確認作業は ねぼすけ さんが懸念されている「相手の気持ちを思いやる方法」とはある意味真逆です。単なる事実確認なのですから。事実が明確になればなるほど、相手の思惑がより明確になるので、 ねぼすけ さんがどうしたいのかもはっきりすることでしょう。

    このようにコミュニケーションを取り、お互いの妥協点を探るからこそ、お互いが「まあいいかな」とそれなりに納得する「それっぽい答え」に収斂していくのです。

    おそらく ねぼすけ さんが「相手の思惑に答えるのが辛い」と感じるのは、相手の思惑が明確になる前に答えているからではないでしょうか。明確になる前だと「本当にこの答えでよかったかな?」とずっと頭の中をぐるぐるするからです。自分の本当の気持ちが伝えられないだけでもしんどいのに、「この答えでよかったかな?」と自分の回答を疑い続けるのもまたしんどさを加速させてしまいますよね。


    「無意識に相手の思惑にあった答えをしてしまう癖をなくす方法を知りたい」とのことでご相談くださった ねぼすけ さんにとっては「誰にも相手の思惑にあった答えをするのなんて無理。できていると思うのは誤解」との回答はビックリする回答だったかもしれません。

    けど、相手の心を読むなんて誰にもできないのです。これは紛れもない事実です。

    できるのは、「相手にはこういう思惑があるのかも?」との考えを仮説としてとらえ、仮説検証のために「確認する」ことくらいです。

    ぜひ ねぼすけ さんにもそのような確認作業をしていってもらえればと思います。きっと対人関係の辛さが減り、お互いが「まあいいかな」とそれなりに納得できる「それっぽい答え」を導き出せるようになるかと思います。応援しています。

    今回はご相談をよせてくださいましてありがとうございました。

ココロジーではみんなの悩みを募集しています。

メンタルケアメディア「ココロジー」に「お悩み掲示板」ができました!現在、期間限定で心の専門家に無料相談可能。

誰にも言えない悩みを相談したり、自分と似た悩みや専門家の回答を探してみてね。

悩みを投稿する

これを読んだきみにはこれも読んでほしいな

おすすめコンテンツ
みんなの心が楽になる情報と出会えますように。