インナーチャイルドとは? あなたの中の傷ついた子供の癒やし方

性格 2018/05/08
Credit: depositphotos

「インナーチャイルド」という言葉を知っていますか?

文字通りインナー(内側の)チャイルド(子ども)のことで、あなたの心の中にある「子どもの自分」を指します。

この「子ども」とは、幼少期に深く傷つき、もう二度とその痛みを感じないで済むように潜在意識の奥深くに閉じ込めてしまった「あなたの子どもの部分」です。

傷ついたインナーチャイルドは例えば、あなたが仕事上で繰り返しがちなミスや、人間関係で犯しがちな間違いなど、様々な場面で顔を覗かせます。傷ついたインナーチャイルドを癒やして大人にしてあげなければ、あなたはずっと同じことで悩み続けることになるのです。

もしあなたの中に満たされない子どもがいるのなら、まずは気付き、そして癒やしてあげてください。

インナーチャイルドの由来

現在スピリチュアル系の言葉として耳にすることも多いインナーチャイルドですが、元々はアメリカの交流分析療法の中で取り入れられ、その後1980年頃に日本に広まったものです。

モデルとなったのは機能不全家族によって心理的な傷を負った「アダルトチルドレン」で、その「成人の中の傷ついた子ども」の回復を目指すためにインナーチャイルドという概念が生まれました。

インナーチャイルドを特に世に広めたのは、アメリカ人セラピストのジョン・ブラッドショーです。1990年にアメリカで刊行された『インナーチャイルド 本当のあなたを取り戻す方法』は、インナーチャイルドのバイブルといえるでしょう。

スピリチュアルではなく心理療法としてのインナーチャイルドが紹介されているので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

インナーチャイルド 本当のあなたを取り戻す方法〔改訂版〕 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2001/2/24

インナーチャイルドが傷つく原因

以下のような幼少期の体験が、傷ついたインナーチャイルドの原因として考えられます。

1.感情的な体験

両親が、あなたに十分な感情を注がなかった経験が原因となるものです。それは「愛」や「支え」とも呼べるかもしれません。あなたに対して注意を払わなかったり、あなたから感情をぶつけられることを嫌がったりしていた可能性があります。

2.心理的な体験

両親が「本来のあなた」を認めず、あなたの言うことに聞く耳を持たなかった体験を指します。一種の「ネグレクト」とも言えます。

3.肉体的な体験

「肉体的な安全」や「健康的な食生活」は、最も基本的な欲求です。虐待やネグレクトによってこの基礎が築かれない場合もあります。

インナーチャイルドを癒やす方法

Credit: Pixabay

あなたの両親はあなたの欲求を満たしてくれなかったかもしれません。場合によっては、あなたを何らかの形で傷つけたかもしれません。

しかしまだ遅くありません。あなたは「あなた自身」で自分の欲求を満たしてあげられます。つまり、あなたは自分の「両親」にもなれるのです。以下の方法により、時間をかけて、自らのインナーチャイルドの「良き両親」になってあげましょう。

1.自らのインナーチャイルドを受け入れる

過去の傷についてごまかしたり、インナーチャイルドの存在について疑ったりすれば、この癒やしのプロセスを遅らせることになります。オープンな態度で受け入れましょう。

2.自分がどんな子どもだったか思い出す

あなたが子どものときに何が好きで、何が嫌いで、何に対して興味や情熱を持っていたのか思い出しましょう。瞑想に取り入れてみるのも効果的です。そうしてあなたのインナーチャイルドのイメージをクリアにします。昔の写真を眺めて、思い出をたどるのもいいでしょう。

3.インナーチャイルドを遊ばせる

なんでもいいので、子どものころ好きだったことをしましょう。シャボン玉でも逆立ちでもかまいません。そうして自分の中のインナーチャイルドを解き放ちましょう。

4.生活に「遊び」を多く取り入れる

たまには「バカ」になりましょう。もちろん限度はありますが、ただ楽しむために、意味のないことやバカげたことをしてみてください。年をとるほど、私たちは真面目になり、ふざけることはなくなります。そのことが、あなたとインナーチャイルドとの距離を遠ざけているといえます。

5.インナーチャイルドが満たされない原因を探る

幼少期にあなたはどのような体験をしたでしょうか。両親から受けた言動がトラウマになっているかもしれません。あなたの現在の考え方が、そういった経験からどのような影響を受けているのか考えましょう。つらいかもしれませんが、自分自身を知るために避けられない作業です。しっかりとした答えを出しましょう。

6.自分自身を愛する

自分自身の「良き両親」となるためには、「自己愛」を深めなければなりません。自分自身が生まれつき、存在しているだけで価値があると心から思えるようになる必要があります。たとえば毎日、「私には価値があります。インナーチャイルドについても誇りに思っています。平和で愛を感じ、自由で幸福に満ちています」と唱えるのもいいでしょう。

 

どんなに不遇な幼少期を過ごしたとしても、インナーチャイルドとつながることで、もう一度自分自身を「いい子」に育ててあげることができます。遅すぎることはありません。自分の幸せは自分自身で叶えることができるのです。

 

関連記事

アダルトチルドレンとは? 5タイプの症状の特徴と回復方法

子ども時代に受けた心の傷を癒やす5つの方法

「毒親」の特徴って?対処法と見極めるための知識

via: lonerwolf / written by Cocology編集部

SHARE