八つ当たりは自分を守るため? 八つ当たりする人の特徴と対策

人間関係 2020/08/22
Credit: depositphotos

itv_iconもう、本当に嫌になっちゃう!

itv_iconおいもさん、どうしたリン?

itv_icon

ココりん、聞いてよ!帰りに寄ったスーパーのレジでね、私の前に並んでた人が年齢確認できるものがなくてお酒が買えなかったみたいなの。

itv_icon

うんうん

itv_icon

それで、「どうみたってオレは未成年じゃないだろ!」って怒ったんだけど、店員さんは「申し訳ありません、年齢確認できないとお売りできません」って言って結局その人は買えなかったのね。そしたら、後ろを振り返って私に「なにジロジロ見てんだよ!」ってキレられてさ…。

itv_icon

それは完全な八つ当たりリンね…。

itv_icon

そうなの! 後ろに並んでるんだから、前を向いているのは普通なのに! もう最悪だったな…。なんで八つ当たりなんてするんだろう?

itv_icon

お、また良いテーマが出たリンね。今回はおいもさんに「八つ当たりの心理」を詳しく解説するリン!

八つ当たりとは自己防衛行動

むしゃくしゃした気持ちを抱いたとき、本来それを直接本人にぶつけるのが筋です。しかし、それができない状況であったり、対処の人が上司など直越攻撃するのが怖かったりすると、無関係の人や物にぶつけてしまうことがあります。これが八つ当たりです。

この八つ当たりという行動は、精神分析で「置き換え」と呼ばれる防衛メカニズムです。精神分析を創始したジークムント・フロイトによって提唱されました。

置き換えとは、ある対象に向けられている心のエネルギーを、他の対象に向けかえることを指します。八つ当たりの場合は、怒りのエネルギーを本来の対象ではなく、別の対象に向けてしまう行動のことです。

人は問題が起きたときやネガティブな感情を抱いたときに、自分の中だけでとどめておくことができません。そのまま抱えていると、精神のバランスを崩してしまうからです。

しかし、先述したように、怒りやイライラを対象にぶつけられない場合、ネガティブな感情から自分を守るために無関係の人や物に感情を爆発させてしまいます。これが八つ当たりのメカニズムです。

八つ当たりする人の特徴

八つ当たりする人に共通する特徴とはどんなものがあるのでしょうか? 以下では2つを詳しくご紹介します。

ストレスケアができない

八つ当たりしてしまう人は、自分のストレスをケアする方法を知らない可能性が高いと言えます。例えば、友だちと話したり、好きなものを食べたり、カラオケではしゃいだりと、ストレスの発散方法はいくつかあります。

しかし、八つ当たりしてしまう人は、そういったストレスのはけ口がなく、怒り・イライラ・不安といった感情がコントロールできない状態にあります。そのため、無関係な人や物に感情をぶつけてしまうのです。

自分より弱い立場の人に感情をぶつける

溜め込んだ怒りはどこかで出さないと自分が耐えられなくなってしまいます。

精神科医の片田珠美氏によると、八つ当たりする人が感情を爆発させる矛先は、派遣社員やアルバイトなど自分より雇用形態が下の人や、お店の店員さん、子どもなど弱い立場にある人たちになる場合が多いとのこと。

相手が上司や経済的に依存しているパートナーなど、自分より上の立場である場合、「怖くて直接言えない」と恐怖を抱いていたり、「言ってもどうせ無駄だから…」と無力感を抱いています。そのことが弱者への八つ当たりを生んでいるそうです。

つい八つ当たりをしてしまう人ができる対策

八つ当たりは対象に直接感情をぶつけるわけではないので、根本的な解決にはなりません。とはいえ、湧き上がった感情を自分の中だけで留めておくのは精神のバランスを崩す危険性があります。

そんなとき、感情を上手くコントロールするために「昇華」という方法があります。昇華も置き換えの一種なのですが、感情をぶつける対象を人や物ではなく、「人(社会)から評価を受けられるような行動」に変えるのです。

イライラした気持ちや攻撃的欲求を趣味やスポーツ、仕事や勉強にぶつけることで、自分の中で溜まっていたエネルギーを解消することができます。

昇華のメリットは、無関係の人や物を傷つけずに済むことと、上手くいけば人間的に成長できるという点です。

一方注意したい点は、昇華先で思うような成果が出せなかったり失敗が続いたりすると、心への負担が大きくなってしまうこと。自分の得意な分野にするなど、昇華先は慎重に選んだ方が良いでしょう。

八つ当たりされないためにできること

それでは、八つ当たりされてしまう人はどのように対処すれば良いのでしょうか?行動心理士の長谷川ミナ氏によると、八つ当たりされないためには「八つ当たりされにくい人になること」「毅然とした態度を取ること」が大切だそう。

八つ当たりされにくい人になる

八つ当たりされてしまう人は、人の言うことを聞いてしまうという特徴があります。

理不尽なことを言われたときに、自分の考えや意思をはっきり伝えることができれば、八つ当たりする人は「自分の自尊心が満たされない」「甘えを受け入れてもらえない」と気づき、八つ当たりをやめることが多いそうです。

察しない・毅然とした態度を取る

八つ当たりをする人は、「どうしたの?」と察してほしい気持ちになっています。いきなりは難しいことですが、相手がいかに機嫌が悪いオーラを発してきてもできるかぎり察しないようにし、暴言を吐かれても毅然とした態度を取って翻弄されないようにしましょう。

思い通りの反応をしてくれない態度を見て、攻撃的な言動に進みづらくなるそうです。

自分なりの昇華(ストレス解消法)を持っておくことが大切

itv_icon

八つ当たりについてよくわかったリン?

itv_icon

うん! イライラとかの感情を自分の中で留めておくのは心に良くないんだね。

itv_icon

そうリンね。事柄に対しての受け取り方は人それぞれリン。自分なりのストレス解消法やイライラの鎮め方を把握していると、自分も周りの人や物も傷つけなくて済むリン!

SHARE

TAG