他人を引きずり下ろす快感「シャーデンフロイデ」。その理由とメカニズムとは

心理学 2020/07/12

itv_icon

ココりん、ちょっと聞いてほしいことがあるんだけどいいかな?

itv_icon

おいもさんどうしたリン? 深刻そうな顔して…

itv_icon

会社の同僚で昇進した人いるんだけどね、その人が進めてたプロジェクトが失敗しちゃったみたいなの。そしたら、他の同僚が「ざまぁ」「いい気味だな」ってコソコソ言ってるのが聞こえてさ…

itv_icon

聞いてて気持ちのよい言葉ではないリンね…

itv_icon

そうなの。仲間が頑張ってたプロジェクトが失敗しちゃったのに、それを喜ぶなんてひどいよ…。なんでそんなこと思うんだろう…?

itv_icon

きっと嫉妬もあるだろうリンね。その人が羨ましくて不幸を喜んでしまう感情は、心理学の世界では「シャーデンフロイデ」というリン。

itv_icon

「シャーデンフロイデ」…? はじめて聞いた。人の不幸を喜ぶなんて…心が狭いというか、なんか悪意を感じるよ。そんな感情を持ってて良いことなんてないのに…

itv_icon

実はね、シャーデンフロイデがあるから私たちの社会は成り立っている部分があるリン。だから一概に「悪いもの」と言い切ることは難しいリン。

itv_icon

え、そうなの? どういうこと?

itv_icon

シャーデンフロイデが起こる理由や条件と一緒に説明するリン!

シャーデンフロイデとは

シャーデンフロイデとは、「ざまぁみろ」「いい気味」、ネット用語でいう「メシウマ」といった他人の不幸を喜ぶ感情のことです。

この単語はドイツ語で、「Schadenfreude」と綴ります。「シャーデン=害・毒」、「フロイデ=喜び」を組み合わせたもので、「加害の喜び」という意味になります。

具体的な例としては、冒頭での会話でもあったように、昇進した同僚の失敗を喜ぶときや、ネットで著名人を批判したり叩いたりするときに見られます。

シャーデンフロイデが生じる理由

シャーデンフロイデが起こる理由は、脳に本来そなわっている機能だと言われています。

人は集団で構成することで生存確率を高め、生き延びてきた種です。集団は個々が少しずつ時間や労力、心理的不可などといった犠牲(リソース)を払って成り立っています。

例えば、ほかの同僚が仕事をたくさん抱えている中、定時きっかりに「自分の仕事は終わったので」と言って帰宅する人がいるとします。

恐らく「あの人は残業しないで帰っているんだから、自分も他の人の仕事を手伝わないでさっさと帰ろう」と考える人が増えてるでしょう。すると、リソースを提供し続ける他の同僚の負担が増え、集団はすぐに崩壊してしまいます。

こういった事態を避けるために、定時で帰る人をネガティブ要因と認識して「排除する」、もしくは「行動を改めさせる」ことをして、組織運営を成り立たせていこうとするのです。

シャーデンフロイデが集団内で生じたときは、以下の流れでその人を排除すると言われています。

最近目立っている人に対し、「もっとこうすれば良いのに」といった形で”検出”が行われ、「痛い目に遭えばいいのに」「SNSで攻撃してやろう」「炎上させてやろう」といったように”排除”が実行されるのです。

itv_icon

なるほど…。特殊な感情だと思われがちだけど、集団や組織運営、ひいては社会を成り立たせるために、シャーデンフロイデは重要な感情なのね…。

itv_icon

脳科学の視点からみると、そうなるリン。2008年の宇都宮大学の論文によると、ある研究によって小学生にも「他人の失敗を喜ぶ感情」がすでに芽生えていることがわかったリン。テストの点数が自分より高かったクラスメイトが、次のテストで失敗したときにシャーデンフロイデを感じるそうリン。これを聞くとシャーデンフロイデが脳本来の機能だと納得できるリンね。

シャーデンフロイデが起こる条件

宇都宮大学の同論文によると、シャーデンフロイデが生じる状況には3つの条件があります。

1. その人に対して嫉妬心を抱いている

シャーデンフロイデが生じるには、対象の人に嫉妬心を抱いていることが前提となります。例えば、性別や年齢、地位など自分と近いはずなのに、自分よりも良いもの・上位のものを持っていると、人は嫉妬心を抱きます。

2. その人自身が原因で不幸であった、など妥当な理由がある

どんな不幸にもシャーデンフロイデが沸き起こるわけではありません。対象となる人自身に「不幸にみまわれるに値する」妥当な理由がある必要があります。

例えば、美人な女優と結婚したお笑い芸人が不倫していたことがわかり、多くの人がバッシングを浴びせるといったことが挙げられます。

3. その不幸があまり深刻ではない

人の死に関わることなど不幸が深刻なものには、シャーデンフロイデは起こりません。勉強の成績や仕事の評価、恋愛の失敗など、日常的な不幸に対してシャーデンフロイデは起こりやすくなります。

シャーデンフロイデを抱きやすい人とは

皇學館大学准教授の遠藤司氏によると、自尊心の低い人は、嫉妬心が厄介な方向に行きやすく、シャーデンフロイデを感じやすいとのこと。

自尊心が低い人が他人と自分とを比較するとき、自分自身では大きな成果を収めることができないと感じるため、他人のランクが下がることを期待してしまうそうです。

シャーデンフロイデを遠ざけるために自尊心を高める

itv_icon

プロジェクトが失敗してしまった人を悪く言っていた人たちは、自尊心が低くなっていたのかもしれないのね…。

itv_icon

そうかもしれないリンね。人の不幸を喜ぶ気持ちを持たないために、自尊心を高めておくのは、一つの手段になるリンね!

本当の「自尊心」を育てる方法とは?「他人の目が気にならない自分をつくる」

SHARE

TAG