心が元気になる笑い方とは? 笑顔がもたらすポジティブな効果

心理学 2020/07/14

itv_icon

ふんふんふん~♪

itv_icon

おいもさん、ご機嫌リンね!なにか良いことでもあったリンか?

itv_icon

実はね、推してるアイドルのワンマンライブの抽選が当たったの!来月末なんだけど、今から楽しみでニヤニヤしちゃう~

itv_icon

良かったリンね!

itv_icon

うん、めっちゃ嬉しい!最近仕事もうまくいかなくて落ち込んでたんだけど、一気に気持ちが明るくなったよ!多分ライブの日までニヤニヤするし、ライブ終わった後も余韻でニヤニヤするんだろうなぁ~

itv_icon

それは良いことリン!笑顔にはポジティブな気持ちを作ったり自律神経を整えたり、幸福感を作ったりするリン。その他にも体や人間関係にも良い影響があるリン。

itv_icon

そんなに色んな効果があるの?!

itv_icon

そうリン。ネガティブ思考で落ち込みやすいおいもさんがもっと楽しく生きられるように、笑顔の効果を詳しく教えるリン。

笑顔が心身にもたらすポジティブな効果<こころ編>

ポジティブな気持ちになる

笑顔はポジティブな気持ちを作ることができます。スマイルサイエンス学会代表理事の菅原徹氏によると、顔の筋肉には感情を司る神経群が密接に関係しています。脳科学の視点から見ると、笑顔になっていると脳が楽しいと勘違いしてポジティブな思考にやりやすいとのです。

また、笑顔は脳内の幸せホルモン「セロトニン」を分泌させ、心を安定させる効果があります。

自律神経のバランスが整い、情緒が安定する

自律神経には、体を緊張させる交感神経とリラックスモードにする副交感神経があります。

通常起きている時間やストレスを感じているときは交感神経が優位に働きますが、笑顔になることで副交感神経が優位になります。この交感神経と副交感神経が交互に切り替わることで、自律神経のバランスが保たれるのです。

自律神経のバランスが整うことで、不安やイライラ、緊張感の高まりといった情緒の乱れを防ぐことができます。

幸福感を感じる

人は笑顔になると、脳内ホルモンの「エンドルフィン」が分泌されます。エンドルフィンはセロトニンのように幸福感をもたらすほか、「ランナーズハイ」の要因となりモルヒネの数倍もの鎮痛作用をもたらします。

笑顔が心身にもたらすポジティブな効果<からだ編>

笑顔は心だけでなく、体にも良い影響があります。

免疫力がアップする

笑顔になると免疫のコントロール機能を司っている脳に興奮が伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生産されます。ペプチドが血液やリンパ液に乗って体中に流れ、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化します。

その結果、ウィルスやがん細胞といった病気の原因となるものを攻撃するので、免疫力が高まるのです。

脳の働きが活性化する

人は笑うことで脳波の1つであるアルファ波が増えます。アルファ波が増えることで、意思や理性を司る大脳新皮質に流れる血液量が増え、脳の働きが活発になります。

また、新しいことを学習すると働く「海馬」は笑うことで活発化されるため、記憶力向上に効果が期待できます。

長寿に効果がある

ウェイン州立大学が 2010年に行なった研究によって、笑顔は長生きに効果があることがわかりました。

この研究はメジャーリーグのプロ野球カードを使って調査したもの。その結果、笑顔ではない選手の平均寿命は72.9歳だったのに対し、輝くような笑みを浮かべていた選手の平均寿命は約80歳でした。なんと約7歳もの差が出たのです。

笑顔が心身にもたらすポジティブな効果<人間関係編>

ニコニコとした笑顔の人にはどこか親しみやすさがありますよね。アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」によると、人の第一印象は顔立ちや表情といった視覚情報が55%を占めます。

つまり、表情がやわらかく笑顔でいると、相手にフレンドリーな印象を与えることができ、スムーズな関係構築が期待できるのです。

さらに、ペンシルバニア州立大学の研究で、笑顔でいると他者に好感を与え、親切に見えるだけでなく、能力がある人に映るという結果が出ました。人に良い印象を与えたいときは、笑顔を心がけると良いでしょう!

作り笑顔でも効果はある!

ここまで、笑顔が心身へにもたらすポジティブな影響についてご紹介してきました。できるならば、いつでも笑っていたいものですが、悲しいことや辛いことは突然やってくるもの。そういったときは笑顔になるのがなかなかできません…。

そんなときは作り笑顔をしてみてください。笑顔による効果は、作り笑顔でも発揮するのです。

チャールズ・ダーウィンは著書「人及び動物の表情について」の中で、「感情が表情を生み出すのではなく、表情が感情を作り出すのではないか」という考えを示しました。この仮説は20世紀に入って、アメリカの心理学者シルバン・トムキンスによって「表情フィードバック仮説」と改めて提唱されました。

これに関連したドイツの研究では、被験者に笑顔の筋肉を抑えるボトックス注射をする前と後の脳の活動を計測。そして被験者が微笑むと感情を司る神経処理が修正され、脳の報酬系を刺激し、気分が良くなることがわかったのです。

また、フランスの神経内科医デュシェンヌが発見した「デュシェンヌ・スマイル」を作ると、脳が前向きな状態に変化し、やる気が出ることがわかりました。「デュシェンヌ・スマイル」とは、両サイドの口角が上がり、目尻にシワを作る状態の笑顔のこと

通常、脳の中で感情が生じ表情が作られるものですが、デュシェンヌ・スマイルは例外で、たとえ作り笑顔であっても、脳の中では前向きな感情が生じるとのことです。

落ち込んだときこそ笑顔を作ってみよう

itv_icon

笑顔のポジティブな効果について説明したリンけど、わかったリンか?

itv_icon

うん、心にも体にも対人にも良い影響があるなんて、良いこと尽くしだね。

itv_icon

そうリン!落ち込んだらしばらく引きずってしまうおいもさんのようなタイプの人は、鏡の前で無理やりにでも笑ってみると気分が晴れるかもリン。

共感しやすい、敏感な方へ。コロナで疲れた心を休める「デジタルデトックス」のすすめ

reference: VOGUE, 沢井製薬, マイナビウーマン, TED, 経済界, ココカラクラブ/ written by Cocology編集部

SHARE

TAG