「みんなが持ってるものはいらない」と感じてしまうスノッブ効果は恋愛にも使える?

心理学 2020/05/01
Credit: depositphotos

マーケティングでよく使われる心理効果である「スノッブ効果」。スノッブ効果は、多くの人が持っているものは欲しくないと感じる心理効果です。実は、スノッブ効果は恋愛にも応用可能な心理効果。今回はスノッブ効果を恋愛において効果的に使うためのテクニックをご紹介します。

スノッブ効果とは?

スノッブ効果とは、多くの人が持っているものに対してたとえどんなにいいものであったとしても「みんなが持っているから自分は欲しくない」と感じる心理のことを指します。それよりも、他の人が持っていないもの、つまりめずらしいものに価値を感じます。

スノッブ効果はマーケティングでよく活用されている心理効果です。たとえば、好きなブランドが限定品を出していてつい欲しくなってしまったことはありませんか? これも「みんなが持っているものよりも、みんなが持っていないものを手に入れたい」というスノッブ効果を利用したものです。

モデルや医師がモテる職業なのもスノッブ効果かも?スノッブ効果と恋愛の関係

マーケティングで主に活用されているスノッブ効果。これは、恋愛にも応用できるのでしょうか?ここではスノッブ効果と恋愛の関係についてみていきましょう。

他の人にはない自分の価値を意中の相手にアピール

スノッブ効果は「めずらしいものは欲しくなってしまう」心理効果です。ですから、自分に「他の人にはない」価値を見つけて希少性を高め、アピールすることで相手が自分に興味を持ってくれる可能性が高まります。

職業を例にみてみましょう。モデルや女子アナウンサー、医師など特定の職種に就いている人のほうが合コンなど出会いの場において人気が高いことはよくあります。同様に、年収が低い人よりも高い人、容姿が普通の人よりも整っている人のほうが人気が高いのもよく見られますね。これらはいずれもスノッブ効果が作用しているといえるでしょう。世間一般で見たときにめずらしいためについ惹かれてしまうのです。

つまり、選ばれる存在になるためには外面や内面を磨いて他の人よりも価値を高めることが不可欠といえます。メイクやファッションに気を遣ったり、仕事を頑張ってみたり、周囲への気遣いを怠らなかったりなど、できるところから自分の価値を高める行動を意識しましょう。

「あなただけ」という特別感を出すのも効果あり

すでに気になる相手がいる場合には、スノッブ効果を応用して「あなたといるから楽しい」「こんなに優しくするのはあなただけ」というように相手に対して特別感を出すことも効果的です。そうした特別感を態度やしぐさで表すことで、相手に「自分にこんなによくしてくれる人は他にいないかもしれない」と感じてもらい、自分の希少価値を高めてみましょう。

「あなただけ」と特別感を出すことで自分の希少価値を高めようとする場合には、他の人にも気があるような言動を相手の前で見せないようにしましょう。「他の人にも同じことを言っているんだ」とがっかりされないよう、気をつけてください。意中の相手は一人に絞ることが大切です。

自分磨きをしながら「落としたい」相手を絞るのが恋愛成就の秘訣

「みんなが持っているものよりも自分しか持っていないものを手に入れたい」という、人なら誰しも持っている心理であるスノッブ効果。スノッブ効果を恋愛に応用するために大切な2つのポイントは「自分磨きをして自分の希少価値を高めること」と「落としたい相手は一人に絞って特別感を出すこと」です。

スノッブ効果を上手に活用して、素敵な恋を叶えましょう。

買い物や恋愛、ネットも対象。「依存症」の原因と治療法

reference:宮崎哲也『図解入門最新マーケティング理論と戦略がよーくわかる本』秀和システム,渋谷昌三『面白いほどよくわかる! 他人の心理学』西東社 / written by Cocology編集部

SHARE

TAG