人間関係から解放されてリラックス。一人の時間を楽しむ13の方法

心理学 2020/03/12

急に予定が空いてしまった休日、どうやって過ごすべきか悩みますね。友人や恋人、家族と過ごす時間も大切ですが、ときには一人の時間を過ごすことも大切です。

「でも、一人の時間をどうやって過ごしたらいいの?」と悩む方に、一人の時間を楽しむ方法をお伝えします。

一人の時間を楽しむメリット

友人や恋人、家族とみんなで過ごすことはとても楽しいもの。しかし常に誰かと一緒にいて「ちょっと疲れたな…」と思うことはありませんか。

人には一人でいる時間も必要です。一人の時間を大切にすることで、自分を見つめ直したり人間関係から解放されてリラックスしたりすることができます。

また、年齢を重ねるにつれ仕事や家事、育児などが多忙になって周囲と予定が合わなくなり、一人で過ごさなければならない機会も増えてきます。そのようなときに一人で過ごす時間を楽しむ方法を知っていると、時間を持て余すことなく有意義に過ごせるのです。

では、次から一人の時間を楽しむ13の方法を紹介しましょう。インドア派の人もアウトドア派の人も必見です。

1.本を読む

最近、読書をしていますか? 読書は自分の知らなかった知識に触れ、世界を広げてくれる方法です。話題になった小説、自己研鑽のために買ったビジネス書などが本棚に眠っているるのなら、この機会に読むのはいかがでしょうか。

お気に入りのコーヒーや紅茶などを淹れると読書がはかどります。

2.音楽を聴く

音楽を聴くことは気軽にできる一人の時間の過ごし方。今流行りの曲はもちろん、学生の頃に好きだったアーティストの曲を聴き直してみると当時のことを思い出せるかもしれません。

3.映画やドラマ、アニメを観る

映画やドラマ、アニメなどはまとまった時間がないとなかなか観れないもの。最近では動画配信サービスがあり、家にいながらいつでも名作や話題作に触れることができます。せっかくの一人の時間。誰にも邪魔されることなく気になっていた作品を楽しみましょう。

4.料理をする

最近、料理をしていない方は料理をしてはいかがでしょうか。今まで作ったことのない料理に挑戦してみるのもワクワクしますね。また、時間がある今のうちに作り置きをしておけば、忙しい日でも栄養バランスのとれたご飯を食べることができます。

5.勉強をする

資格や語学などの勉強を始めてみるのもよい方法です。「学生時代は勉強が嫌いだった…」という人も、久しぶりに勉強してみると案外楽しめますよ。

Webデザインやプログラミングなど、副業につながるスキルを学ぶこともおすすめです。これらのスキルを身につければ在宅でも副業ができ、収入アップを目指せます。

6.将来の目標を立てる

日々マンネリで何をしてもつまらないという方は、将来の目標を立ててみるとやる気がわきます。1年後に昇進するでも、3年以内に結婚するでも、半年で30万円貯金して海外旅行へ行くでも、自分がワクワクできる目標を立ててみましょう。目標を立てることで今やるべきことがわかり、マンネリした気分から脱することができますよ。

7.部屋を掃除する

部屋に溜まっている洋服や雑貨などをこの機会に整理し、普段はなかなかできない窓拭きやキッチンまわりの掃除などをしてみると部屋だけでなく気分もスッキリ。掃除は大きく体を動かす動作も多く、いい運動にもなります。要らないものはフリマアプリなどで売れば部屋も片付いてお小遣いもゲットできて一石二鳥です。

8.瞑想をする

「外にも出かけたくないし、映画を観たり掃除をしたりすることもやる気が出ない」「何もかもがめんどくさい」。そう感じているのならそれは疲れのサインかも。いつもであれば楽しめたことが楽しめないほど疲れている場合は寝るのもよいですが、瞑想で心を落ち着けることがおすすめ。

椅子や床に座り、背筋を伸ばして腹式呼吸を意識しながらゆっくり息を吸う、吐くを5分間繰り返します。この間は呼吸だけに集中し、他のことを考えるのはNG。瞑想を終えたあとは頭のモヤモヤが晴れてリラックス効果を実感できるはずです。

9.散歩をする

外の天気がよいなら散歩をしてもよいでしょう。長く暮らしている街でも知らないお店やスポットがあるなど新たな発見を得られます。また、気になっていた街まで足を伸ばしての散歩もおすすめ。

あえて地図アプリを使わずに気ままに散歩すると探検感が出て楽しいですよ。また、カメラを一緒に持っていくと家に帰っても見返せる楽しみができます。

10.ランニングやヨガなどをする

ランニングやヨガなどのスポーツもおすすめです。汗を流すことでリラックスできるだけでなく、代謝アップやダイエット効果も期待できます。

11.温泉へ行く

最近は一人でも入りやすい温泉やスパ、銭湯があります。温泉に浸かれば心も体もほぐれます。施設によって楽しめるお湯も違うので、巡ってみるのもよいですね。

12.博物館や美術館へ行く

博物館や美術館でさまざまな作品に触れ、感性を磨くのもよいでしょう。一人での芸術鑑賞は誰かと行くよりもゆっくり作品と向き合えるのでおすすめです。

13.買い物をする

みんなと行っても楽しい買い物も、今日は一人で行ってみてはいかが? じっくり試着したり検討できたりするのもおひとりさまのメリット。お店を巡って疲れたらカフェで一休み、というのも素敵な過ごし方です。

孤独を感じにくい人の6つの特徴とは? 

written by Cocology編集部

SHARE

TAG