仕事のモチベーションが上がらない…今すぐ簡単にできるモチベーションアップの方法

仕事 2020/01/03
Credit: depositphotos

仕事のモチベーションが上がらないことは誰にでもあります。仕事がうまくいかないとき、残業が長引いたとき…。この記事では、モチベーションを上げて仕事を頑張りたい人に向け、すぐにできるモチベーションを上げる方法をお伝えします。

リラックスすることでモチベーションを上げる方法

仕事のモチベーションが下がっている理由は、疲れが溜まっているからかもしれません。疲れが溜まっていると感じたらまずは心身をリラックスさせてみましょう。

ここでは、職場でもできるリラックスすることでモチベーションを上げる方法をお伝えします。

匂いをかぐ

匂いをかぐことはリラックスにつながります。実際にアロマセラピーでは脳の活動のリラクゼーション効果があると言われています。モチベーションが上がらないと感じたら、お気に入りのハンドクリームや香水などでリフレッシュしてみましょう。

ある実験では、ラベンダーの香りを用いて作業をしたことにより、疲労感の軽減や覚醒感の向上(意識がはっきりとする)が見られ、作業効率が上がることがわかっています。

音楽を聴く

音楽を聴くこともリラックスとその後のモチベーションアップにつながります。もちろんやる気が出るのであればアップテンポな曲でも構いませんが、リラックスを目的とするならリズムが一定で落ち着いた音楽のほうがよいでしょう。

リラックスのための音楽は「ヒーリングミュージック」などと呼ばれます。音楽配信サービスなどでそのような曲を探して休み時間に聴けば、リフレッシュできるでしょう。

そのほかにも、ストレッチをしたり20分程度の仮眠をとったりすることも疲れを軽減し、モチベーションの回復になります。

目標を設定することでモチベーションを上げる方法

Credit: depositphotos

モチベーションが下がる理由として、もともとの目標を見失っていることが一因として挙げられます。目標があることでどこまで、どのくらいのペースで頑張ればよいのかがわかり、モチベーションを回復させることにつながるのです。

目標を振り返る

仕事に就いたときは大なり小なり目標を持っていた方も多いでしょう。昇進したい、○○のスキルを身につけたい、自分のスキルをつかって会社に貢献したい…など。そうした目標を今、見失っていないでしょうか?

そんなときは初心に返る気持ちでもう一度目標を思い出してみてください。当初と比べればできることが増えて目標に近づいているはずです。

目標を達成した場合を具体的にイメージする

目標の振り返りに加え、目標を達成した場合を具体的にイメージすることもモチベーションを上げるのに役立ちます。

目標を達成する○○のスキルが身について○○ができるようになっている、役職や給料がこの程度まで上がっているなど、自分のなりたいイメージを「実現したときの気持ち」になってイメージすることが大切です。

ご褒美を用意する

ご褒美という目標を用意することもモチベーションを上げるのに有効です。今日の資料作成をやりきったら気になっていたカフェに行ってみるといった直近の目標であればモチベーションを維持しやすいです。

まずは今日の目標とご褒美を決め、そこから1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後など長期的な目標とご褒美を段階的に設定してみましょう。

モチベーションが上がらなくてもまずはやってみる

モチベーションが上がらないからできないのではなく、とりあえずやってみることでモチベーションが後からついてくることはよくあります。

とりあえず5分だけやってみる、と決めてとりかかってみましょう。すると、案外1時間異常取り組めて、その仕事は終わっているはずです。

モチベーション維持には自分なりのモチベーションを上げる方法を持つことが大切

モチベーションが下がることは誰にでもあります。モチベーション維持が上手な人は、自分なりのモチベーションを上げるルーティンを持っています。

自分なりのモチベーションを上げる方法をいくつか用意しておき、うまく自分と付き合いましょう。それが、満足いく仕事や生活につながるのです。

「報連相」ができない・苦手な人の3つの対処法 「豆腐メンタル」でもできる!

references:  長町 三生「ジョブ・デザインとモチベーション」日本経営工学会誌,1976 年 26 巻 4 号 p. 302-307
金原 一宏、他「ラベンダーの芳香刺激が作業効率に及ぼす影響」Vol.37 Suppl. No.2 (第45回日本理学療法学術大会 抄録集)
健康長寿ネット「快眠のためのリラックス法
/ written by Cocology編集部

SHARE