社会人が友達を作る4つの方法

ライフハック 2020/01/02
Credit: depositphotos

社会人になると一気にできにくくなる「友達」。「社会人になってから遊びに行く機会が減ってしまい、孤独を感じている」という人も多いのではないでしょうか。

今回は、社会人が友達を作る具体的な方法について紹介していきます。「友達ができない」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも友達ができないのは悪いことなの?

「友達ができない」と悩んでいる方にまず知っておいてほしいのが、友達がいない・できないという人は結構な割合でいるということです。

特に社会人になってからの友人関係が充実していると感じている人は少なく、オウチーノがおこなった調査では、実に50%以上の人が「友人関係が充実していない」と回答しています。

また70%以上の人が、「友達付き合いが面倒だ」と答えているというアンケート結果も。

友達がいなくても一人の時間を楽しんでいる人は大勢いますし、家族や同僚でも、誰か一人本音で話し合える人がいればそれでいいのではないでしょうか。

問題なのは、「友達が多いほうがいい」という価値観に振り回されてしまうことなのです。

出会いの少ない社会人が友達を作る方法4選

それでもやっぱり友達がほしいと思う人も多いでしょう。

そこでここからは、出会いが少ない社会人でも実践できる友達を作る方法を4つ紹介していきたいと思います。

1. 趣味をみつける

友達を作る方法として、プライベートを充実させるという意味でもおすすめなのが、「趣味をみつける」という方法です。

趣味の種類に制限はありません。何かしらスポーツを始めてもいいし、何かをコレクションしてみてもいいでしょう。

好きなアーティストがいるのであればライブに足を運ぶなどして追っかけを始めてみるのもいいでしょう。最近流行っているものだと、ひとりキャンプなんかもおすすめです。

趣味を持っていない人が新たに趣味を持ち始めると、世界がグッと広がります。始めた趣味が外に出ていくタイプのものであれば、外出した先で出会いがあるかもしれません。

最近ではSNSが発展してきているので、SNSを通じて同じ趣味を持った仲間と出会えるかもしれません。今は共通の趣味を通じてSNSなどで出会い、結婚するカップルがいるような時代です。

共通の趣味を持っている人とは話も合うはずなので、友人関係に発展するのは珍しいことでありません。

ぜひ、何か新しい趣味を始めてみてください。

2. 会社の飲み会に積極的に参加してみる

社会人が新しい友達を作りたいのであれば、職場で探すのが一番手っ取り早い方法だと言えます。

会社で仲の良い友達を作ることができれば職場に行くのが楽しくなりますし、チームワークが向上して生産性のアップにつながる可能性もあります。

ですので、もしあなたがこれまで会社の飲み会にあまり参加しないタイプの人なのであれば、できるだけ積極的に参加してみるようにしましょう。

これまで勤務中にしか接してこなかった人と、勤務時間外にコミュニケーションを取ってみることでその人の意外な一面が見られるかもしれませんし、会話が盛り上がって仲良くなれるかもしれません。

泥酔するのはNGですが、少しお酒が入ることでコミュニケーションも取りやすくなると思うので、ぜひ積極的に参加してみてください。

3. 同窓会などなつかしい面子が集まる場に積極的に参加してみる

同窓会などのなつかしい面子が集まる場も友達を作りやすい環境の一つです。特に同窓会は懐かしい話に花が咲きやすく、仲良くなれやすい傾向にあります。

人間は共通の話題があると親しみ感じやすくなるので、同窓会は友人を作るのに適した場だと言っていいでしょう。

もし同窓会にほとんど参加していなかったのであれば、ぜひ参加してみてください。

4. SNSを始めてみる

趣味の部分でも少し触れましたが、SNSも友達を作るツールとしておすすめのツールの一つです。

この記事をここまで読んでくれている読者の中には、これまで一度も友達が出来たことがなく、そのことについて悩んでいるという方もいるかと思います。

でもそれは、あなたが出会ってきた人の中にあなたと波長の合う人がいなかっただけでもあります。

あなたがこれまで接してきた人は、日本で暮らしている人のうちの極々一部です。

その極々一部の中で仲良くなれる人があらわれなかったとしても、それは決して悪いことでも珍しいことではありません。

そして、出会いの幅を一気に広げてくれるのがSNSです。

SNSは地域に縛られることなく、さまざまな人とコミュニケーションを取ることできるツールなので、出会いの幅が一気に広がるでしょう。

まとめ

友達がいないことや友達ができないことは悪いことではありませんし、珍しいことでもありません。

それが、「親友」と呼べるほどの友人となるとなおさらです。

とはいえ、友人と呼べる人が周りにいることは良いことでもありますし、メリットもたくさんあるので、友達が欲しいと思っている方は今回紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

「おひとりさま」は孤独じゃない。あなたを成長へ導く「孤独の条件」とは

職場の人間関係がうまくいかない時の5つの対処法

written by Cocology編集部

SHARE