なぜ人は死や悲しみを対象にした観光「ダークツーリズム」に惹かれるのか